めがねゴルファー必見!のゴルフ上達法 「300ヤード飛ばして70台で廻る秘訣」

身長166センチで非力の中年アマチュアゴルファーの私は、最近は2〜3ヶ月に1度のゴルフで、練習も殆どせず、筋トレも全くやらずに、若い頃にプロに習ったフォームで50歳でも300ヤード、55歳を過ぎた今も270ヤード飛ばして70台を出しています。飛距離は力ではなくスウィングによることを皆さんにお知らせしたくてブログを始めました。特にメガネによる錯覚をご自分で気づかぬままスコアを崩しているゴルファーには朗報です。
<< 手首は返さずロールさせる 〜簡単にフックを打つ方法 | main | トップの切り返しは「左腰を切る」から >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ネガネによる錯覚その2
めがねの掛け具合によってはゴルフボールの位置が実物とズレて見えてショットがボロボロになりやすいと以前書きましたが、パッティングでも眼鏡による錯覚は深刻で、芝目もアンジュレーションも全く無いフラットなグリーンで真っ直ぐのパッティングラインを右打ちの人がメガネをかけてパットをすると、共通して目標よりもやや右側に転がるということをご存知でしょうか? 本人は「どうして今日はプッシュアウトばかりだろう?」と悩んでいるのに周囲から見ると明らかに最初から右を向いて狙っているということがあります。これはメガネによる錯覚によります。

試しに図のようにボールを3つ直線上に並べて実験してみると、一目瞭然です。目の前のボールから70センチくらい離して2個目のボールを置き、更にその3〜5メートル向こうに3つ目のボールを置きます。パッティングの構えをしてみると、明らかに直線上に位置している筈の3つのボールが直線上に見えず、3つ目のボールが2つ目のボール(すなわち正しい目標方向)よりも右に見える筈です。従って3つ目のボールにパターのフェースを合わせてしまうと、必然的に少し右を向いてしまいます。

画像



実際には芝目もアンジュレーションも全く無いグリーンなど世の中に存在しませんから、プレーしていても眼鏡による錯覚とは気づかずに、グリーンの読み違いかミスパットと思って、それ以上追求しないのが一般的でしょう。しかし、私を含めてメガネのゴルファーには、スライスのパッティングラインはアマチュアサイドに外しやすくて、フックラインですとプロサイドに外しやすいという方々が多いのではないでしょうか。その幾分かは、メガネによる錯覚の結果、最初から少しだけ右を向いているのです。何しろ、どんなに完璧にパッティングラインを読んで正確にパットをしても、目標のカップそのものが見えている場所に無いのですから悲劇的ですよね。


私の場合は、ひずみの少ない非球面レンズですが、3メートルの距離でボール1個分錯覚します。レンズの度数にもよりますが、球面レンズですともっとズレて見えるはずです。自分でどれくらいの錯覚をするか、知っておくのは有効です。

この問題の解決方法は、>>>>>この部分割愛します>>>>>。


分かりきったことですが、このメガネによる方向性の錯覚はショットではもっと深刻です。これは、別の機会に書くことにします。

 ====画像と割愛部分をご覧になるには=======
このブログを始めて短期間に爆発的なアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルで配布することにしました。
44テーマを70ページに取りまとめて、¥1,480です。

ご購入はこちら



サイト内アクセスランキング

簡単に飛距離アップのスウィングをマスターする方法

「腰を切る」と「からだが開く」の違い

左腕主導で腰を切ることのメリット

「クラブが立って降りてくる」とは

飛距離アップのスイング改造が簡単に出来る人と出来ない人の違い

左手スウィングの簡単な練習方法

ゴルフの飛距離は何で決まるか?

アイアンショットはクラブヘッドをどこに入れてどこに抜いてやるかにある

グリップがなぜ重要か 〜勘違いしてない?

「左腕とクラブの一体化」とは

トップの切り返しは「●●を▲る」から

スイングの始動は●●と左腕とクラブの3点を一体化させて



 ============================

軍資金に余裕のある方はこちらもあります。


今までありそうでなかった究極のゴルフ上達マニュアル!!

「ゴルフで上達したい!」と言う方のために「究極のゴルフ上達法」という特別なノウハウ集を作成しました。これは私が試行錯誤しながら初心者でも既にゴルフを始めている人でもすぐに成果が出るスペシャル本です。あらゆる方法が書いてあるので、あなたは自分の状態に当てはめ、まず何から実践するのか、そして、どう練習していくかがひと目でわかるはずです。 このノウハウ集に従って順序正しくスタートすればあなたも3ヶ月には70台が出せるようになります。
19,800円



28分で平均43ヤードアップした常識外れのゴルフ上達法!

私はゴルフ研修生、ゴルフ工房クラフトマンとして長くゴルフ業界に携わって来ました。そして、数万人のゴルファーを見てきた経験からあるゴルフ上達理論を構築しました。この理論を知るまでは私自身も非常に苦労しましたが、この理論を知ってからは非常に効率良く上達出来るようになりました。「練習してもなかなか上達出来ない大変さは私が1番良く知っている。私の様な遠回りをしないよう、多くのゴルファーにこの上達法を実践して効率良く上達してもらいたい」そのような思いで、このマニュアルを執筆致しました。一般の書物では絶対に公開されることの無い初心者から上級者まで全てに関係なく効果の出る未来永劫変わる事の無い絶対的ノウハウを公開します。
19,800円



ベストスコア70を叩き出した秘密!それは私がゴルフ場業界に長く関わって収集してきたからです。

話題のオンプレーンスイングも自然なリストターンも本当は難しくなんてありません!普通の社会人ゴルファーが超少ない練習でベストスコア70を叩き出した秘密。 それは私がゴルフ場業界に長く関わってきたからです。 シード入りを夢見るプロや研修生達から膨大に伝授されたその技は極めて実戦に即したものでした。アベレージ110の人が90台なんてすぐ目の前なのです!アベレージ100の人が80台なんてほんのチョッとの事なのです!
14,800円



めがねゴルファー必見! 300ヤード飛ばして70台で廻る秘訣

ゴルフスイングのエッセンスが満載の教材はこれに決まり!
身長166センチで非力の中年アマチュアゴルファーの私は、最近は2〜3ヶ月に1度のゴルフで、練習も殆どせず、筋力トレーニングも全くやらずに、若い頃にレッスンプロに習ったフォームで300ヤード飛ばして70台を出しています。飛距離は力ではなくスウィングによることを皆さんにお知らせしたくてブログを始めましたところ、短期間で爆発的にアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルにまとめて配布することにしました。このブログはアスリートゴルファー向けというよりは、悩める中年ゴルファー向けのものです。ゴルフで永遠に100が切れない方から80の壁を超えられない方々まで、もう少しドライバーの飛距離が出て、アイアンショットが正確になり、パターで打ったボールが気持ちよく転がればいいなと願う方々への一助になればと希望いたします。
1,480円



| | ゴルフ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |









http://golf300yards.jugem.jp/trackback/25
ゴルフボール
ゴルフボール先日ゴルフコンペで面白い事がありました。4人のパーティーで同じホールで3人が誤球をしたそうです。4人の内3人が同じゴルフボールを使用していた為に3人が誤球をしてしまったとの事、3人共、ゴルフボールはタイトリスト ProV1を使用してい...
| ゴルフクラブ・ゴルフ用品 徹底検証 | 2007/05/09 2:06 PM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ グーグル広告
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE